×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 


++ 正義の味方の転職 ++

 

 さしたる目的もなくぱらぱらとページを捲っていた手が思わず止まった。
 別に転職を考えていたわけではなかったけれど、手持ち無沙汰の気まぐれで目を通していたリクルート情報雑誌。その中の求人広告のひとつに俺は目を奪われた。


 『交通費全額支給』
 『各種社会保険完備』
 『完全週休二日制。その他、有給・特別休暇もあり』
 『危険手当のほか、働きによって特別賞与支給』
 『経験者優遇。初心者歓迎』
 『あなたも私たちと一緒に夢を叶えてみませんか?』

 『悪の秘密結社 幹部候補生募集中!』


 俺はその一文に大きく目を見開いたものの、冗談だと鼻で笑い飛ばすことはできなかった。
 なにしろその時の俺の職業も、人のことは言えなかったから。
 何を隠そう。おれは正義のヒーローだったのだ。
「……つうか、うちより給料高いじゃん」
 
 
 
 俺がこの職に就いたきっかけは、実に単純なものだった。
 当時大学を卒業したばかりのフリーターだった俺は、街中でスカウトを受けたのだ。
 学生時代、部活動に力を注ぎすぎていた所為で、俺はうっかり就職活動の波に乗り遅れてしまっていた。結局卒業までにぴんと来るような仕事を見つけることができず、仕方がないのでアルバイトでもしていようと、割り切った毎日を過ごしていた。
 ワーキングプアや漫画喫茶難民なんていう暗いニュースが耳をかすめ、何となく将来に対する不安もあったけれど、だからと言っていったい何をすればいいのかさっぱりわからない。
 だから俺は嫌な話題には耳をふさいで、聞こえない振りをしていた。
 アルバイトをしていれば、どうにかその日その日を暮らすことはできる。だから何とかしたいという気持ちは持ちつつも、変わり映えのしない毎日を過ごしていたのだ。
 その男が俺に声をかけてくるまでは。

 街はいつもにぎやかで、どこか浮かれた祭のような空気を漂わせている。
 そんな非日常的な空間に身を置いていると、自分の境遇も将来のこともどこか遠いことのように感じられる。だからこうやって街中を歩くのが俺は好きだった。
 その日はバイトもなく、通いなれた繁華街をこれといった目的もなくぶらぶら歩いていたのだが、俺はいきなり袖を引かれてつんのめった。
「んなぁっ!?」
 あわや転びかけたところを間一髪で踏みとどまる。いったい何事かと反射的に振り返った俺は、しかし思いっきり顔をしかめずにはおられなかった。
 何しろそこにいたのは、爆発したような白髪頭によれよれの白衣という、なんとも怪しげな格好の小男だったからだ。
「ふむふむ、顔もそれほど悪くはないな」
 そんな勝手なことをほざきながら、男はぺたぺたと無遠慮に俺の体に触れてくる。
 それにしたって、いきなり『それほど』とは失礼な!
 あまりの気色悪さにその手を振り払ってしまったのだが、男はたいして気にした様子もなくふむふむとうなずいた。
「この筋肉の付き方からすると、つい最近までなにかのスポーツをやっていたとみた。どうだ?」
 俺は図星をつかれて言葉を失う。
 確かに俺は大学を卒業する三ヶ月前まで、サッカー部として毎日のようにフィールドをかけまわっていた。それは否定しない。
 だが、同時に俺はゾゾゾっと全身に鳥肌を立てて、身を仰け反らせた。
 とにかくやたらと気持ちが悪い!
 なんだこいつは。変態の同性愛者かストーカーかと思わず逃げ腰になった。そんな中そいつは俺にたずねる。
「君、名は?」
「お、王沢…怜音」
 とっさに素直に名乗ってしまったのは、さすが混乱していたからだと思う。
 ちなみになんとも仰々しい名前だが、これでも一応住民票にも記載されている俺の本名だ。
「そうかそうか! それはますます素晴らしいっ」
 男はさらに顔を輝かせると、熱心な様子で俺にこうたずねた。
「君、正義のヒーローに興味はないかね」
「ひ、ヒーロー!?」
 一体それは何の冗談だ。俺はぽかんと口を開けたまま絶句してしまった。





 ……にもかかわず、結果的に俺は男にしたがって奴らの基地という所までついて行ってしまった。
 いったい何を考えているんだと突っ込まれるのは覚悟の上。むしろ自分で自分に突っ込んでやりたい。
 何でそんな突拍子もないことを思い切れたのかと言えば、こんな怪しげな身なりにも関わらず男がきちんとした名刺を持ち、そして理路整然と基地に報告の連絡を入れていたのを見たからだ。ようするに、最初の印象ほど胡散臭い奴では無いだろうと思えたわけだ。
 またこんな貧相な小男が相手なら、いざと言う時にはどうにでも逃げられるだろうと言う思いもあった。サッカー部だった俺は、足の速さには誰よりも自信がある。
 そして何より――たぶん俺は結局の所、無意識の内であっても、いまの自分を変えるためのきっかけを欲しがっていたのだろう。
 基地とは言っても、そこはいつもの繁華街から電車で15分ほどの所にある普通のオフィスビルの一室だった。なんとも拍子抜けだが、実際そこは本当の基地ではなく出張所的な扱いの場所らしい。
 連れて行かれたその応接室で、俺は過剰なほど手厚い歓待と、熱心な勧誘を受けた。
 実はこの貧相な男はこの世界ではかなりの地位と権威をもつ発明家、摩周庄一郎博士だった。ただし俺は、これまでまったくその名前を聞いたことはなかったのだが。
 つんと澄ました顔の美人秘書が淹れてくれた麦茶をすすりながら、俺は何とはなしに博士の話を耳にしていた。けれどそうして説明を聞いているうちに、現金なもので俺はだんだんとヒーローになるのも悪くはないかなと思いはじめていった。
 正直、現代人のモラルだとか地球の未来だとか世界の平和だとか、そんなモノには一切興味はなかったけれど、君の力が必要なのだと熱心に求められるのは悪い気はしなかった。
 なによりその時の俺にはやりたいこともなりたいものもなにひとつなかったから、ちょうどよくもあった。
 そして俺はあれよあれよと言う間に、見習いヒーローという肩書を手に入れたのだった。


 もっとも見習から本物のヒーローになるには、かなり面倒な訓練をいくつもこなさなければならなかった。
 まずは研修という名の筋力トレーニング。
 ヒーローというのは品行方正でなければならないらしいことから、マナー講習。
 ほかにも空手だか柔道だか剣道だかよく分からないような武術の特訓。
 筋トレに関しては、部活時代の合宿を思い出せばさほど辛いものでもなかったし、戦闘訓練もそれなりに面白かった。 まぁ、何の役に立つのか分からないような各種講習には正直辟易したが。
 それでも俺はめきめき頭角を現して……なんて自分の口からはさすがに言えないが、どうやら摩周博士の目は確かだったらしく、俺は要領よく半年間の見習期間を終了した。
 その後はお決まりの戦隊ヒーローもののグリーンから始まり、ブルー、レッドとこなしたあと、単品で活躍する正義のヒーローまで出世した。


 けれどそれは、俺にとってはさして心の沸き立つようなことではなかった。

 

 

Novels / Next