×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


本棚

<天井まで届くような本棚いっぱいに、書物が並んでいる。どうやらここでしか読めない本もあるようだ。>

 
長編小説     中編小説    短編小説     掌編小説     >>> HOME

 

〜長編小説〜

少年は世界を夢見る

異世界ファンタジー/連載中

「八年に一度の巡礼の使節として、五つの大陸から集められた五人の少年たち。
しかし彼らを待っていたのはとてつもなく大きな世界の真実だった。
世界を巡る長編異世界ファンタジー。」

 

それは永久のお伽噺

現代ファンタジー/公開停止

「とある町外れ、古びた洋館に住まう人ならぬ四人の物語。
小さな物語がいくつも降り積もる、
なんだか笑えてちょっぴり切ないハートフルホームファンタジー。」

 

月の砂漠をつらつらと

異世界ファンタジー/連載中

「蒼い月の光が降り注ぐ砂漠を旅するのは、赤い瞳の踊り子と
ピンクの髪の妖しい詐欺師。二人が目指す先には何があるのか?
楠瑞稀と虚隼人が描くコミカルライトファンタジー。

↑TOP  .

 

〜中編小説〜

夢見鳥の唄
calling you

現代学園ファンタジー/完結

「学校に誰にも聞こえない歌が流れている。
そのことに気付いたシンヤは悪友・ミサトとともにその歌について探ろうとするが…? ちょっと不思議なコミカル学園ファンタジー!」

 

黒薔薇狂詩曲

現代ラブコメFT/連載中

「降ってわいた遺産相続。無理やり押し付けられた別荘で出逢ったのは、
百年の眠りから目覚めた美貌の吸血鬼。しかもいきなり下僕呼ばわりされて…?
現代ラブコメFT(ちょこっとアクション風味)」

 

人に祈りを、宇宙に実りを
〜 宇宙第八辺境方面地区
第0一次産業特務ステーションbWの場合 〜

SF的なモノ/完結済/原稿用紙114枚

「『808ファーム』の局長ミノリは、個性豊かな部下たちに振り回されつつも
楽しく野菜を作っている。しかし、ある日届いた救難信号が、トラブルを呼び…?
辺境宇宙が舞台の、荒唐無稽なアグリカルチャー系スペースアクション」

 

魔法の鏡はかく語れり
〜白雪殿下と砂漠の黄金〜
 

御伽噺風コメディ/完結/原稿用紙56枚

「押し付けられる見合い話にことごとく失敗している白雪殿下は、
53回目の見合いを嫌がり、家出をしてしまいます。
そんな彼が森の中で出会ったのは…? 恋と魔法の一夜の物語! 」

↑TOP  .

 

 

〜短編小説〜

怪しいバイトは真夏の夏期講習の後で
<怪しいバイトシリーズ4>
 

現代ホラー風コメディ/短編連作/原稿用紙44枚

「幽霊なんか怖くない!? 貧乏学生健介と霊媒師(?)早乙女の珍道中」

 

百貫姫にまつわる三つの物語

童話/3話/原稿用紙54枚
(目次ページへ飛びます)

「昔、この国には百貫姫と呼ばれるお姫様がいた。とある大陸の三つのお伽噺」

 

SCHOOL−GHOST

現代恋愛/読みきり/原稿用紙27枚

「壊される直前の校舎での、『幽霊』の私と男子生徒の一つの約束」

 

新しい概念の世界

幻想SFっぽいもの/読みきり/原稿用紙21枚

「忽然と消えていく若者たち。彼らは皆とある言葉を言い残して消えていた。」

 

珈琲ディズ

企画参加作品/読みきり/原稿用紙15枚

「大嫌いな珈琲を飲み干して、その目に映る世界に悪態をついた。」

 

ダーマとヴィー

童話風SF/読みきり/原稿用紙11枚

「街外れに住んでいた一人の変わり者の博士が、一体のロボットを作った。」

 

怪しいバイトは真夏のプールサイドで
<怪しいバイトシリーズ3>
 

現代ホラー風コメディ/短編連作/原稿用紙32枚

「地獄の沙汰も金次第? 貧乏学生健介が手伝う、次の怪しいバイトとは」

 

若手ミステリー作家殺人事件

現代(ある意味ギャグ)/読みきり/原稿用紙11枚

「男は新聞記事を読んでほくそ笑む。それはある作家の死亡記事。」

 

百万と一人の願い事

童話/読みきり/原稿用紙9枚

「それはいつかの時代のこと。とある街に、奇妙な噂が流れておりました」

 

彼女のほくろ

ホラー風味ホラ話/読みきり/原稿用紙26枚

指先にできていた見覚えの無いほくろ。それがすべての始まりだった。

 

どうやら世界は終わるらしい(仮)

企画参加作品/読みきり/原稿用紙8枚

「どこにでもあるようなカフェで、背後から聞こえてきた物騒な会話に耳をすます」

 

魔王の城を満つ月は照らす

似非FT的コメディ/読みきり/原稿用紙7枚

「暗雲が立ち込め、雷鳴が響く魔王の城。そこに踏み込む若き勇者の物語(?)」

 

 最後の鐘 

FTっぽいの/読みきり/原稿用紙6枚

「かの人が間もなくこの世を去る。そのニュースは瞬く間に世界中に伝わった。」

 

赤い糸

文学っぽい何か/読みきり/原稿用紙6枚

「男はある日、自分の小指に赤い糸が絡まっているのを見つけた」

 

怪しいバイトは真夏の波打ち際で
<怪しいバイトシリーズ2>

現代ホラー風コメディ/短編連作/原稿用紙19枚

「太陽が眩しい夏の海辺で行う、暑さも忘れるドキドキのアルバイトとは?」

 

美味しいスープの作り方

ある意味サスペンス/読みきり/原稿用紙15枚

「世界最高の料理人はあるスープの秘密を探るため、謎めいた施設へ足を運ぶ」

 

川萩荘のライカンスロープ

現代FTっぽいコメディ/読みきり

「回覧板には野犬に注意と書かれていたけど、あたしが出会ったこれは何!?」

 

宙の道しるべ

SFっぽいもの/読みきり

「今では当たり前の航宙技術。それができあがるまでのドラマに思いを馳せる。」

 

右手を捨てた絵描きの少女 

現代/2ページ

「松原秋穂には右手がない。かつて天才だった一人の絵描きの少女の話。」

 

怪しいバイトは真夏の太陽の下で
<怪しいバイトシリーズ1>

現代ホラー風コメディ/短編連作/読みきり

「報酬に惹かれて始めたアルバイトは、暑さも忘れるとんでもない仕事だった。」

 

グッバイ、スウィートハート

現代コメディ/読みきり

「今日は見事な青空。だけどぼくは愛しのハニーに別れを告げなきゃいけない。」

 

呼ぶ声

幻想SFっぽいもの/読みきり

「ふいに名前を呼ばれて振り返った。しかし誰の姿もなく、彼は首を傾げる。」

 

アンチエイジング

ホラー風味ほら話/読みきり

「10年振りになる友との再開。それは和やかなものになるはずだった。」

 

正義の味方の転職

すちゃらか現代FT/2ページ

「何の気なしにめくっていた転職情報誌の一ページに俺は目を奪われた。」

 

pandora 

異世界ファンタジー/読みきり

「砂漠から迷い込んだ密林で、彼女は開けてはいけない箱に手を掛ける。」

 

夏祭

ノスタルジックFT/読みきり

「賑やかな祭囃子、暖かい提灯の明かりのもと、ぼくは村へとかえる」

 

部屋とクーラーとあたし

ふぁんたじっく現代コメディ/読みきり

「クーラーを買い換える前に、ちょっと試してみようと思っただけのはずだった。」

 

黄昏博物館

幻想譚もどき/読みきり

「それは閉館間際の博物館から聞こえてきた不思議なささやき声」

 

二人の執事と十二支事件
<執事録シリーズ 2>

似非日常ミステリ/短編連作

「斎藤とセバスチャン。錦織家に仕える二人の執事が次に出会った事件とは?」

 

天国から戻ってきた男

大ボラSFもどき/2ページ

「死んだはずの男が目覚めたのは、天国と呼ばれる見知らぬ場所だった。」

 

副作用 

ホラー風味ホラ話/読みきり

「最先端技術を使った手術。それによって起こってしまった思いがけない副作用」

 

猫舌屋あやし目録

現代FT/2ページ

「住宅街にひっそりとたたずむ不思議な店。そこに集うおかしな客たちの話」

 

二人の執事
<執事録シリーズ 1>

似非日常ミステリ/短編連作

「沈着冷静、有能怜悧。しかしその正体は執事の皮を被った変態!?」

 

 世界で一番醜い娘と世界で一番美しい若者

異世界迷作劇場/5ページ
(目次ページへ飛びます)

「昔々ある所にとんでもなく醜い娘がおりました。」

 

小路

文学っぽい何か/読みきり

「とある男が小路を見つけた。それは男の心を満たし、人生は一変する。」

 

遠い星の研究生

SFもどき/読みきり

「眩い光に曝されて、目覚めるとそこは宇宙船の中だった。」

 

ご主人様とお人形 

近未来SFっぽいもの/読みきり

「彼女は慌てて岐路に着く。優秀なメイドロボットであるために。」

 

呪われ林檎の王子様

ふぁんたじっくギャグコメディ/読みきり

「あたしの彼は誰もが羨むパーフェクトマン。しかし彼にキスをすると…?」

 

星と蜜豆

現代/2ページ

「天才と凡人。二人のひよっこミュージシャンたちの解散騒動。」

 

 He is the perfect Hitman.

現代コメディ/2ページ

「扉を開けたら黒板消しが落ちてきた。そこから始まる僕の不条理コメディ。」

 

十度目のメビウス

現代SFもどき/2ページ

「除夜の鐘を聞きながら、彼は願った。未来のために……」

 

 ある眼鏡夫妻のはなし

童話系コメディ/読みきり

「眼鏡が大好きな旦那さんと奥さんに起きた、とある事件とその顛末。」

 

桜咲く季節にまた 

現代FT(恋愛風味)/読みきり

「桜が咲く頃にまた、と言って別れた幼馴染み。しかし現れたのは……。」

 

飛ぶ者と飛ばない者

2万ヒットリクエスト短編/読みきり

「彼女は空を飛び、私は飛ばない。ただそれだけの話。」

 

嘘つきな竜  
/

童話風ファンタジー/2ページ

「裏の山に住んでいる竜はとっても変。だっていつも嘘ばかりつくんだから…。」

 

 赤色三角偏執狂

現代コメディ/読みきり

「実はあなたが知らないだけで、人は意外な趣味を持ってたりするものです」

 

とある百物語

なんちゃってぷちホラー/読みきり

「真夜中の学校で怪談話をしてはいけないよ。なぜなら―――、」

 

陽天下お風呂場飼育論 

現代メルヘンちっくコメディー/読みきり

「晴れた日曜日におこった風呂場の出来事」

 

過去からの贈り物

SFもどき/読みきり

「ある時代、ある研究所に勤めるある研究員の日常の風景」

 

 

天の歌姫 地の奏で手
〜変わらない日常の一幕〜

異世界ファンタジー/読みきり

「彼とあの人の賑やかな深夜」

天の歌姫 地の奏で手 2
〜まだ歌は終わらない〜

異世界ファンタジー/読みきり

「『変わらない日常の一幕』の後日談」

↑TOP  .

 

 

〜掌編小説〜

天国観光ツアー

「2月8日。 冷たい小雨の降りしきる中、飛行機は大地を飛び立った。」

 

Rauchen -ラウヒェン-

「煙草の煙が燻ゆる賭場では、今日も男たちが賭けに興じる。」

 

 入れ子の箱庭

「ある所にたいそう不運な男がいた。男はついに天に向かって恨み言をいった。」

 

U.F.O

「人の心が読めるようになってしまったあたし。今一番気になっているのは…」

 

注射

「今日は予防接種の日。だけど彼は注射が大嫌いだった。」

 

神話を生み出せし者たち

「大勢の者が見守る中、灼熱の光が降り注ぐそこで新たなる伝説がいま、生まれる」

↑TOP  .